繊細な赤ちゃんのお肌を守る保湿ケア

cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_s

私たちよりもずっとみずみずしいお肌を持っているイメージの赤ちゃんですが、それは新生児のときだけだと言われています。生まれて2ヶ月が過ぎると、水分量、皮脂量がともに減って、大人よりも乾燥した状態になります。

そう見えないかもしれませんが、赤ちゃんのお肌は繊細です。それを大人の私たちがまず理解してあげましょう。そのままにしておくと、バリア機能がどんどん低下して乾燥肌になります。

ヒリヒリしたり、粉をふいたりと辛い思いをすることになるので、保湿ケアが大切です。保湿ケアで大事なことは、潤いを与えることですが、皮膚を清潔にしてからの保湿が最も大切です。

使うおすすめの用品は、赤ちゃん専用のものがありますので、それを使って行います。和光堂の作ったミルふわスキンケアシリーズは、粉ミルクをお手本にして作られています。

低刺激で着色料と香料を一切使っていません。赤ちゃん専用に作られた商品なので、安心して使って大丈夫です。これを使って泡立った状態で赤ちゃんの皮膚にのせて優しく丁寧に洗います。

その後、ベビーミルキーローションですぐに保湿してあげます。洗ったときから水分の蒸発が始まっています。15分経つだけでお肌は砂漠状態になると言われているので、素早く保湿することが大切なのです。